業者が行なう本格調査【白蟻が好んで棲み着く床下を見てもらおう】

白蟻が住みやすい環境かチェックする

常に薄暗く湿気が溜まりやすい床下は、白蟻が好んで棲み着く場所です。床下に白蟻が生息しているかどうかをチェックするには、駆除業者に床下を見てもらうのが一番です。

駆除業者が行なう床下調査

床下に入る前に養生

現場で調査を行なうスタッフは、本格的な調査を行なう前に厳重に養生を行ないます。これにより、室内がホコリや土で汚れないようにすることができます。

湿気やカビの状態を確認

現場スタッフは、床下に潜ったらすぐに湿気があるかどうかのチェックを行ないます。もちろん、湿気やカビが発見されても白蟻が棲んでいないというケースも多分にあります。ただこれらが確認された場合、当然白蟻が棲み着いている可能性が高くなります。

蟻道の有無を確認

蟻道は、白蟻にとっていわば「餌場へ向かうためのトンネル」です。つまり床下にこれがあれば、高い確率で白蟻が棲み着いているということです。ちなみに蟻道は木材だけでなく、基礎コンクリート部分にできることもあります。

床下の柱の状態を確認

床下には家の土台となる木材が数多く存在します。白蟻は当然これらの木材にも容赦なく食害を与えてくるので、業者のスタッフは念入りに状態をチェックします。床下の柱が食害を受けると、床がプカプカと浮いた感じになったり、叩くと軽く高い音が鳴るようになったりします。

正確な調査は業者でないとほぼ不可能

駆除業者による床下調査は、建物の構造や白蟻の生態を理解した上で行なわれる、本格的な調査です。当然、同様の調査を知識や経験のない人が行なうのは無理に近いです。白蟻が現れたり、床や畳などに何らかの異変を感じたりするようになったら、白蟻駆除を専門としている業者に調査を依頼しましょう。

TOPボタン